Blogブログ

秋キャンプ

2019.11.25NEW

設計スタッフの竹内久美子です。

行楽の秋、ということで先日キャンプをしてきました。
2年前からキャンプにはまっているという友人2人に誘われ、
和歌山まで行ってきました。

夏にその友人と人生初キャンプに行っているので、今回2回目になります。
いろいろキャンプグッズを揃えている中、テントを新調したので是非ということでした。

夏のアウトドアというイメージがありますが、
秋は虫や湿気が少なく、過ごしやすい気候でキャンプに最適の季節です。

私が行った日も、11月と思えないくらい朝晩の冷え込みも風も無く、
とても快適に過ごせました。

キャンプ場に到着後早速テントを建て始め、
位置や向き、内部のレイアウトをああでもないこうでもないと
試行錯誤しているうちに2時間ほど経ってしまいました。
3人とも建築関係の職に就いているということもあり、そこはこだわりたいところで
地形や周囲の利用客のことを意識しながら設営していると
テントは山の建築のようだと思いました。

IMG_6660.JPG
中はリビングと寝室に分かれていて、3人で充分ゆったり出来る大きさでした。
快適に過ごせたのはテントのおかげもあるかもしれません、、、


冬は星空がきれいだったり焚火で暖をとったりと、冬ならではの魅力があるので
次は冬キャンプに挑戦したいです。


キャンプの帰りに串本町の橋杭岩というところへ寄りました。

本州最南端にあり、串本から大島に向って850mの間に大小約40の岩柱が立っています。
1500万年前の火山活で流れ着いた溶岩が固まってできたそうで、
なんとも不思議な風景で、自然の力は凄いと感じました。


IMG_6674.JPG

一覧へ戻る

竹下一級建築士事務所HOME > ブログ

・静岡本社
静岡県浜松市中区田町230-17 田町ファーストビル5階 /
TEL: 053-401-0201
・東京事務所
東京都文京区本郷2-25-14-603 /
TEL: 03-5684-0058

Copyright © Takeshita Architiects And Associates All Rights Reserved.