Blogブログ

令和元年

2019.07.22NEW

ご承知の通り今年の5月には平成から令和へと改元がありました。

今回の改元は1989年の昭和から平成への改元とは違い天皇陛下の崩御を前提としたものではない為、祝賀ムードの中多くの皇室行事がネットやテレビなどで流れており、その中でも平成天皇が天皇陛下として伊勢神宮へ最後の地方訪問されたニュースがとても印象深い儀式でした。

この儀式は「親謁の儀」と言われるもので伊勢神宮に退位の報告をする儀式だそうで、三種の神器の剣と勾玉を侍従の方が携えて参拝されておりました。

せっかく改元という時代の節目に居合わせましたので、皇室に所縁がある伊勢神宮と今まで行ったことがない出雲大社へに参拝に出かけてみたところ、それぞれの神社の歴史、習わし、宗教的な性格において知らないことばかりで、非常に勉強になりました。

 

出雲大社では菊竹先生の代表作でもある、1963年に竣工した出雲大社庁の舎が3年ほど前に解体されていましたので実物見れずに残念でした。

伊勢神宮では外宮・内宮で御札を頂いてきましたので「豊受大御神」、「天照大御神」と年始に西宮神社で頂いてきた「えびす様」の御札の御三体が弊社の事務所内に鎮座し、しっかりと会社をお守りくださっております。

竹下昌臣

一覧へ戻る

竹下一級建築士事務所HOME > ブログ

・静岡本社
静岡県浜松市中区田町230-17 田町ファーストビル5階 /
TEL: 053-401-0201
・東京事務所
東京都文京区本郷2-25-14-603 /
TEL: 03-5684-0058

Copyright © Takeshita Architiects And Associates All Rights Reserved.